人気ブログランキング | 話題のタグを見る

代々幡斎場は「持ち込み」が可能な斎場です。ただし・・・。

ご葬儀の生花を斎場にお届けする注文を頂いた際に注意すること。

それは生花店が直接、注文いただいた花をお届けできるかどうか・・・、斎場によって違うということ。

一般的に葬儀社が自前で持っている斎場などは葬儀社がすべて仕切っているので持ち込みはできません。
その場合には、再度当店からその葬儀社に注文を出すか、当店に出した注文をキャンセルしてお客様に直接注文していただくことです。
公営の斎場の場合は持込が可能です。
東京の場合、臨海斎場が公営です。他に港区や大田区のように区営の斎場もあります。
桐ヶ谷、代々幡、落合などは博善社が運営する民間斎場なのですが東京都から委託を受けての運営なので持ち込みは基本的には可能です。ただし・・・・・。

持ち込みには制約があります。それは施工する葬儀社さんによって異なります。
白上がりの菊の花に名札が刺さっているというスタンダードモデルは近年少なくなっていて、ほとんど洋花が多いです。名札も用いず、芳名板にするケースが多くなっています。

施工する葬儀社さんの意向に従い、準備をしなければなりません。
このルールをしっかりと守らないと「持ち込み」ができなくなる可能性が出てきます。

自分たちが生き残る為にも制約を遵守し、受け入れてもらわねばなりません。
by junishimuraf | 2014-07-24 18:51 | 花屋の仕事
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28