人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スイスの名峰めぐり

スイス旅行記・・・・絶景名峰めぐり

サンモリッツでは午前中、ベルニナ急行に乗ってディアボレッツァ駅で降り、ゴンドラに乗り、標高3,000m弱のディアボレッツァ展望台へ。
山頂は雪がいっぱい残っていて、寒かった。
少し、雲が出ていて、眺望はいまいちでした。
スイスの名峰めぐり_d0029716_2052356.jpg

毎週土曜日TBSテレビで放映されている「いい旅夢気分」でも8月に紹介されていました。
レポーターの女の子がジャグジーに入ってシャンパンをオーダーしているシーンがありましたがそのジャグジーも空の桶のまま、ポツンとありました。ちょっと淋しい風景でした。あのシーンを撮影したときはとても浮いていたんだろうな・・・と想像できます。

午後はホテルから徒歩5分のところにあるケーブルカーに乗ってピッツネイル展望台へ。
スイスの名峰めぐり_d0029716_2171150.jpg

こちらも標高3,000mの高さだが天気が良く、眺望も良かったせいか、ディアボレッツアより低く感じた。
帰りはケーブルカーを途中下車してサンモリッツノ町を見下ろしながら、ハイキングをして帰ってきました。
 
次の宿泊地はツェルマット。マーターホルンの麓にある小さな町。
この駅前よりゴルナーグラード・モンテローザ鉄道に乗り、1,500mを登り、標高3,000mのゴルナーグラード展望台へ。ゴルナーグラード氷河を眼下にマッターホルン、モンテローザが目の前にはっきりと聳え立ちます。帰りは途中下車したローテンボーデン駅からリッフェルベルグ駅まで緩やかなくだりをハイキング。途中、有名なビュースポット「逆さマッターホルン」も最高の天候の下、撮影できました。
ガイドさんには「これが当たり前とは思わないで下さい。こんなに雲ひとつない天気は珍しいんです。」といわれました。
スイスの名峰めぐり_d0029716_22342785.jpg


午後は標高2,200mの「スネガ展望台」へ。山の中をくり貫いたトンネルをケーブルカーがぐんぐん登ります。
スイスの名峰めぐり_d0029716_22571768.jpg

展望台脇ではホルンの練習をしている人たちに出会いました。
この後、ずっとマッターホルンを仰ぎ見ながら、ハイキングをして下山しました。町に近づくと住宅地の中に入り、地元の人たちの生活を垣間見れて楽しかったです。
モンブランとユングフラウは次回にまた。
by junishimuraf | 2014-09-11 23:01 | ひといき
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31